公務員試験合格体験記

■2001年度公務員試験 合格体験記(抜粋)

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

Y.S. さん

法務教官A/鹿児島県警察官A 合格

私が公務員試験の勉強を始めたのは約1年前、市販の参考書を購入し独学で勉強し始めたものの思うように進まず半年が過ぎました。そんな時友人が中央法科カレッジを紹介してくれました。友人は既にこのカレッジで学び自分の目標としていたところに合格を決めていました。その姿はとても自信に満ち溢れており、私もここでかんばってみようと決めました。

最初は環境に慣れるまで時間がかかるだろうと思っていましたが、先生方はとても親切ですし、アットホームな雰囲気でリラックスし、かつ集中して勉強することができました。また、二次面接を受ける際も自信を持って臨めるまで丁寧にご指導していただき、私も合格という目標を達成することができました。少し大げさかもしれませんが、私にとって中央法科カレッジはまさに人生のターニングポイントとなりました。

これから公務員として社会に出るわけですが、ここで得た経験と喜びを忘れず人の役に立てるよう努力していきたいと思います。

T.Y. さん

鹿児島県警察事務/川内市役所一般事務/鹿児島市技能労務A 合格

私が中央法科カレッジに入学した理由は、どうしても公務員になる夢をあきらめきれなかったからです。思い切って仕事も退職し、受験勉強に専念することにしましたが、独学では「長続きしない」「解らないところがあっても教えてくれる人がいない」など、勉強の能率が上がらず悩んでいました。そんな中、学校探しをはじめた私は、このカレッジの高い合格実績と雰囲気のよさにひかれ、迷わずここで頑張ろうと決めました。途中でくじけそうになったこともありましたが、良き仲間にも恵まれ、またなによりも中央法科カレッジの頼れる先生方が、時には親のように、また時には友達のように私を支えてくださったので、夢を実現させることができたのだと思います。

S.H. さん

鹿児島市消防吏員/大隅肝属地区消防吏員/郵政外務職員 合格

私と中央法科の出会いはテレビのCMでした。そのときにジム・トレーニングをカリキュラムに取り入れた警察・消防コースがあることを知り、消防士を目指していた私は「ここで決める」と心に誓い、中央法科の門を叩きました。

それまで銀行で働いており、背水の陣で臨んだ公務員試験でしたが、優しく親切な先生方に励まされ、またゆかいで楽しい仲間たちにも恵まれ、「消防士合格」という長年の夢を実現することができました。

当たり前のことですが、学校に休まず毎日登校し、集中して授業を受け、何があっても自分の夢を絶対に諦めず、「絶対になれる」と最後まで信じ続けた者が夢を叶えることができるのだと私は思っています。

S.N. さん

鹿児島県警察官B 合格

警察官になりたいという強い願いを持ちながら、学力に自信が持てず、なかなか受験に踏み切れなかった私ですが、中央法科カレッジと出会い、夢に挑戦することを決めました。

授業では、ベテランの先生方がわかりやすく大切なところは何度も繰り返し教えてくださいました。少人数制なので先生方のほうから声をかけてくださり、悩みなども気兼ねなく相談できました。私は勉強から長く遠ざかっていましたので、入学時に持っていたものといえば、先生方への信頼と警察官になりたいと思う強い気持ち、それとやる気のみでした。しかし先生方を信頼し、アドバイス通りに勉強を続けたところ、半年という短い期間で合格することができました。

結果、夢はかない、私の人生は好転しました。この学校には、みんなの夢を実現させてくれる何かがあります。あとは皆さんの決断です。頑張ってください。

K.Y. さん

鹿児島市消防吏員/鹿児島県警察官B/大阪市(化学) 合格

私が志望していた会社に、高卒者の採用がないとわかったのは5月の下旬でした。そこで進路について担任の先生に相談し、私は消防士になりたいという以前からの夢を先生に話してみました。しかし、それまで就職希望であった私は、学校で行われる公務員受験のための模擬試験や補習を受けていなかったので、私が公務員を受験することに対して、初めは納得してもらえませんでした。何とか説得して、私は公務員試験に進路を変更しました。そして夏休みに、中央法科のサマーカレッジに入校し、今までやっていなかった分を取り戻せるようにがんばりました。

本番の一次試験では、勉強したところがいくつも出題されていて、余裕を持って受験できました。また二次試験も、中央法科で何度も繰り返し面接練習をしていただいたおかげでまったく不安はありませんでした。

最終的には複数の職種に合格でき、第一目標であった職種に決めることができました。

M.N. さん

鹿児島県警察事務 合格

ここに入学したきっかけはテレビCMのカッコよさでした。実際に入学してみると、周りは同じ志の仲間ばかりで刺激的でしたし、授業もいろいろな話を交えての面白く、解りやすい内容で、次第に苦手科目を克服していくことができました。適性試験も毎日行うことで、知らず知らずのうちに力がついていました。

でも、私が中央法科カレッジにきて何より不思議だったのは、周りの人をライバル視するよりも、みんなで一緒に合格したいという気持ちが強かったということです。誰かが合格するとみんなで喜び合い、自分も頑張るぞという気持ちになれました。そして最終的には実質合格率76.3%と言う数字が示すとおり、多くのクラスメートとともに公務員になることができました。同じ職種の人もいるので、この先もずっと支え合っていけます。短い期間でしたが、私はたくさんの心の財産を中央法科カレッジで得たような気がします。

T.U. さん

国家V種郵政事務A/大阪府警察官A/郵政外務職員 合格

私は公務員試験合格を目指すにあたり、卒業前に公務員受験の専門学校をいくつか調べました。その中で私はすぐに中央法科カレッジを選びました。その理由は先生方との距離が近いということでした。実際に入学してみると、職員室へも足が運びやすく、質問もとてもしやすい環境で、試験の情報なども充実していました。学校の雰囲気が私にピッタリだったのです。

自分のやる気と、それをいい方向に導いてくれた中央法科カレッジのサポートが勝因だと思います。

K.S. さん

鹿児島市消防吏員/川内市役所一般事務 合格

私は第一志望だった鹿児島市消防に合格することができました。中央法科カレッジへ入学するまでは、きちんとした形で勉強をしたことがなかったので不安は多少ありましたが、とてもわかりやすく楽しい授業のおかげで、どんどん力がついていくのが自分でもはっきりと感じられました。

この学校のアットホームな雰囲気で、学生生活もとても楽しく送ることができましたし、入学を勧めてくれた友人と同様、目標の職種の公務員にも合格することができました。中央法科カレッジを選んで本当に良かったと思っています。

S.N. さん

国家V種郵政事務A 合格

私が中央法科カレッジに入学を決めた頃は「公務員になりたい」と思ってはいても、公務員にはどんな職種があるのか、また何から勉強を始めたらいいのかさえわからない状態でしたので、初めはやっていけるかどうか不安でいっぱいでした。でも、その不安はすぐになくなりました。先生方は親しみやすく話しやすい方ばかりで、公務員試験の傾向や職務内容など、丁寧にわかり易く教えていただきました。そして、学校に通ううちに自分がやるべきことや、自分なりの勉強の仕方も分かってきました。

私が合格できたのは、中央法科カレッジでの先生方との出会い、同じ志を持ったクラスメートとの出会いによるものが大きかったと思います。ひとりで挑戦しても達成出来なかったであろうことが、中央法科カレッジに通うことで達成することが出来ました。そして、私でも「やればできるんだ」という自信を得ることも出来ました。今は多くのことを得ることのできた中央法科カレッジに感謝の気持ちでいっぱいです。

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

体験記は、到着次第順次追加・更新予定です。

公務員試験合格体験記(アーカイブページ)へ戻る

ページの先頭へ戻る

〒890-0046 鹿児島市西田二丁目27番32号 TEL 099-213-0205(代表) FAX 099-213-0245