公務員試験合格体験記

■2004年度公務員試験 合格体験記(抜粋)

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

T.S. さん

鹿児島県上級警察事務 合格

年々、公務員を目指す人が多くなっている中で、私は「本当に合格できるだろうか」という不安からのスタートでした。中央法科カレッジに入学してからは、まわりの人の頑張る姿に触発され、「合格するぞ」という意識がよりいっそう強くなりました。

授業では、社会系科目はもちろんのこと、苦手意識があった数学系の一般知能も、わかりやすい授業に加えて、どんな些細な質問でも丁寧に答えてくださる先生方に支えられて徐々に自信がついていきました。授業以外の学習の方法や進め方について悩んでしまったときには、先生方や仲間に相談し、アドバイスや色々な情報、たくさんの励ましをもらうことができました。

このように、悩んだらすぐに相談でき行き詰まったら楽しい会話をして、気分転換ができる雰囲気は、私にとってとてもプラスになりました。先生方や仲間のおかげで、合格した喜びは2倍になり、苦しさは半分になったようにも思えました。

私が最終合格することができたのも、1次試験に合格した後にも、面接指導や論文練習などを親身になって行ってくださった先生方、精神的に不安になっていたころに支えとなってくれた友人のおかげだと思っています。中央法科カレッジで学んだ期間はわたしにとって、とても貴重な期間となりました。

Y.E. さん

鹿児島県中級教育事務 合格

公務員を目指すには、多くの科目を勉強することが必要です。特に国家U種、地方中上級試験などは、一般教養に加え専門試験も行われるので、法律や経済学なども学ばなければなりません。

限られた時間で、全ての科目の全範囲を完璧に習得することなど不可能な状況の中で合格していくためには、授業を受けることはもちろん、いかに効率よく授業を消化していくかが大切です。中央法科カレッジの授業は科目ごとの基礎知識や解法などを出題頻度の高い順に指導してくださるので、無駄のない学習が出来たと思います。また、朝から自習室が開放されていて、夕方の授業まで、とことん勉強できますし、疑問があればすぐに先生方に質問できます。私が合格できたのは、どんなことでも質問を受けつけ、粘り強く教えてくださる先生方、集中できる静かな自習室など、素晴らしい環境のおかげだと思います。

厳しい倍率の中、合格するには相当の努力と覚悟が必要です。勉強を続ける日々は確かに苦しいですが、合格したときの達成感は苦労に堪えるだけの価値があります。これから公務員を目指す人はどうか最後まであきらめず、自分の目指すものに合格できるよう頑張ってください。

S.M. さん

久留米市消防/指宿地区消防組合/国分地区消防組合 /八代広域行政事務組合/海上保安学校学生 合格

私は、友人に勧められ、中央法カレッジを訪問した際に、ビックリするくらいのアットホームな雰囲気と、少人数制であるというところに魅力を感じ、入学を決めました。

公務員試験の独特な問題に、初めは戸惑っていましたが、プロフェッショナルな先生方の面白く、とてもわかりやすい授業を受けていくうちに、苦手教科が得意教科になるくらい力をつけることができました。また面接試験の練習も何度もしてくださり、自信を持って臨むことができました。私を合格に導いてくださった先生方に心から感謝しています。

背水の陣で臨んだ今年の採用試験。私は生まれてから今までこんなに勉強をしたことがあっただろうかというくらい頑張りました。しかし、私がこれほどまでに頑張ることができたのは、先生方をはじめ、ともに笑い、互いに励ましあうことのできる仲間がいたからだと思います。本当にありがとうございました。

私にとって、中央法科カレッジでの様々な思い出や、ここで出会ったたくさんの人々は一生の宝物です。この学校で学んだことを心に刻み、これからは立派な社会人になれるよう努力していきたいと思います。

M.S. さん

鹿児島県警察事務/日本郵政公社 合格

私は高校を卒業してから、公務員として働くことを目標としていました。そして中央法科カレッジという学校に出会いました。

私はこの学校で公務員試験に必要な知識を多く学ぶことができました。授業では、高校のころに学べなかったことをたくさん教えていただき、毎日がとても新鮮でした。

この学校では多くの出会いもありました。共に学んでゆく大切な仲間たちとの出会いです。互いに切磋琢磨しあえる友や仲間がそばにいてくれるのはとても大切なことだと思います。また、親身になって指導してくださる中央法科カレッジの先生方とも、アットホームな感じで話すことができて、質問や悩み相談なども気軽にできました。私はこの雰囲気がとても好きでした。この雰囲気のおかげで、公務員としてどのような仕事をしたいのか、自分の目標をしっかりと持ち、その目標に向かって努力することは、私にとってまったく苦になりませんでした。

あっというまの半年でしたが、自分にはとても勉強になった期間だと感じました。学校と先生方、友人には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

A.T. さん

枕崎市消防/熊本市消防 合格

私は高校3年の夏に中央法科カレッジと出会いました。消防士になりたい一心で、サマーカレッジにも参加しました。卒業後は高校現役で果たせなかった夢を果たすべく、中央法科カレッジに入学することを決めました。

この学校には、同じ夢を持った仲間がたくさんおり、私のやる気を高めてくれました。また、先生方にはとてもお世話になりました。よく話をして、いやなことも忘れさせてくれました。試験のことで不安になることもありましたが、そんなときは、先生方や友人のところへフラ〜ッと行き、励ましてもらいました。

勉強の面では、特別なことはしませんでしたが、復習だけは大切にしました。その日習ったことはその日のうちに必ずもう一度やりました。 私がこの半年で実感したことは、一番大切なことは「最後の最後まであきらめないこと」だということです。やればできる。合格したときの喜びはことばでは表現できませんが、それは頑張った分だけ大きいものになると思います。

私は最後まで一度もあきらめませんでした。ただそれだけです。皆さんも、自分の夢に向かって頑張ってください。

A.N. さん

鹿児島県警察官B 合格

私は高校生のときから、公務員になりたいとは思っていましたが、勉強をまったくしていませんでした。5つの試験を受験しましたが、良い結果は出ませんでした。一時は公務員をあきらめ、一般企業への就職も考えましたが、高校の先生に「もう1年だけがんばってみれば」と励まされ、中央法科カレッジで再挑戦しようと決めました。私は初めから警察官が第一志望だったので、ジムトレーニングもできる警察消防コースは自分にぴったりだと思いました。

ここの先生方は、とても丁寧に教えてくださるので、わからないことが一つ、また一つと確実になくなってきました。しかも、ユーモアたっぷりの面白い先生方ばかりなので、勉強や学校がいやだと感じたことは一度もありませんでした。

本試験ではかなり緊張しましたが、いざ問題用紙を開いてみると、そのほとんどが中央法科の授業や模試で見たことのある問題でビックリしました。2次試験の面接も、学校で練習したものと同じ質問がほとんどで、スムーズに答えることができました。正直、中央法科カレッジって『すごい』と思いました。中央法科カレッジを選んだこと、ほんの半年という短期間で合格できたこと、そしてこれから警察官として県民のために働けることを、今はとても誇りに思っています。

R.I. さん

東京消防庁(全国) 合格

私が中央法科カレッジを選んだのは、人数が少なく先生に質問する一人あたりの時間が多いと思ったからです。自分が勉強する気があるのであればどこに行っても一緒だと思っていましたが、行ってみたら一人暮らしをしている私の相談にのってくれたり両親のように叱ってくれて、勉強以外のこともたくさん教えていただきました。私の人生の中で、半年という時間はほんの短い時間だと思っていましたが、先生方のおかげで私にとってとても掛け替えのない時間を過ごすことができたと思います。

私の夢は、一人前の消防士になって一人でも多くの人を救い、人々の笑顔を見ることです。その夢のスタートラインに立つことができたのは先生や友人、両親のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

M.K. さん

東京消防庁V類/鹿児島県警察官B/山口県警察官B /日本郵政公社 合格

私は、高校の先輩が中央法科カレッジで警察官に合格したことがきっかけでこの学校を選びました。去年、最終合格をすることができず、あきらめようかと考えていました。しかし、悩んでいた私に、「男なら一度決めたことをあきらめるな。」と、父がもう一度チャンスを与えてくれました。

去年の私は、なんとかなるのではないかと思い、それほど努力もせず試験に臨みました。今年は、去年の反省から、今までしたことがないくらいに勉強をしました。その苦労もあり、今年はついに夢をかなえることができました。本当にうれしかったです。

中央法科カレッジは、小さな質問でもしっかり指導してくださり、ユーモアあふれる個性的な先生方ばかりでとても楽しい学校生活を送れるところで、ここを選んで、本当に良かったです。今までありがとうございました。

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

体験記は、到着次第順次追加・更新予定です。

公務員試験合格体験記(アーカイブページ)へ戻る

ページの先頭へ戻る

〒890-0046 鹿児島市西田二丁目27番32号 TEL 099-213-0205(代表) FAX 099-213-0245