公務員試験合格体験記

■2005年度公務員試験 合格体験記(抜粋)

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

M.Y. さん

国家V種(行政事務)/鹿児島県初級(教育事務)/日置市(一般事務) 合格

何校か公務員受験科のある学校の説明会に行きましたが、中央法科カレッジの少人数制・アットホームな雰囲気にひかれ入学を決めました。

正直なところ、大学受験に失敗したことがきっかけで公務員を目指した私にとって、公務員の試験は仕組みもわからずとても難しいものだと思っていました。また、公務員試験は出題分野も広く、本番の試験まで約半年しかなかったので、本当に合格できるかとても不安なスタートでした。

しかし、どんなに小さな疑問でも丁寧に教えてくださる先生方と、一緒に頑張った仲間のおかげで、無事合格することができました。また、私はあがり症なので、面接の練習を何度もしていただけたことを本当に感謝しています。魅力とやりがいを感じる仕事に就けて、本当に良かったです。ありがとうございました。

S.W. さん

鹿児島市消防/大隅曽於地区消防/人吉下球磨地区消防 合格

私は一旦は大学に入学しましたが、「やっぱりどうしても消防士になりたい」と毎日のように思うようになり、思い切って大学を中退し、消防士受験のための勉強に切り替えることにしました。友人に、中央法科カレッジはとても親切でおもしろい先生方ばかりで、雰囲気もよく、楽しい学校だと聞き、入学を決めました。実際に入学してみると、本当に個性的でおもしろい先生方ばかりで、苦手な教科でも楽しく勉強することができました。

公務員試験の膨大な出題科目や範囲も、それぞれわかりやすくまとめられたオリジナルテキストで効率よく勉強でき、復習するたびに力がついていくのが、自分でもはっきりとわかりました。さらに、定期的に行われる模擬試験では、仲間と点数を競い、お互いに刺激し合いながら実力を伸ばすことができました。挫折しそうになったこともありましたが、すばらしい先生方と良い仲間に支えられながら、ついに最終合格を手にすることができました。

本当にお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございました。

T.Y. さん

佐賀県(一般事務)/西之表市(一般事務)/鹿児島県警察官B 合格

私は将来役場で働きたいと思っていました。高校では全くといっていいほど勉強していませんでしたが、自分の夢を叶えるために中央法科カレッジに入学しました。

学校はとても勉強しやすい雰囲気でした。メリハリがしっかりしていて先生方も個人指導をして下さるなど、とても身の引き締まる思いでした。また、同じ公務員を目指す仲間もでき、お互いに切磋琢磨しながら勉強できたことが、一番の励みになりました。私は、中央法科カレッジまで約1時間半かけて通学していましたが、その時間も無駄にすることなく利用していました。また毎日その日のうちに、必ず復習するようにしていました。

私が中央法科カレッジで過ごした貴重な時間は、私がこれから社会に出て行くための大きな土台になると思います。勉強だけではなく、人間性をも育ててくださった先生方、そして仲間に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました。

M.K. さん

熊本市消防(救急救命士)/阿久根市消防/薩摩川内市消防 合格

私は熊本の専門学校を卒業し、中央法科カレッジで過ごした半年間、消防士になりたい一心で頑張りました。専門学校での2年間は救急救命の勉強しかしておらず、中央法科カレッジに入学したときは、授業についていけるかとても不安でした。しかし先生方は丁寧に、また熱心に教えてくださり、本番さながらの模擬試験などもありましたので、目標を持って勉強に取り組むことができました。友人も半年の間にたくさんでき、勉強もジムトレーニングも切磋琢磨しながら頑張ることができました。先生方に励まされ、友人たちに刺激を受けてこそ、いまの頑張れた自分がいて、合格することが出来たと思います。中央法科カレッジに進学して、自分の夢に向かって一日一日努力を惜しまず頑張れば、必ずその夢は実現できると実感しました。中央法科カレッジに感謝、感激、雨、嵐です!本当に有難うございました。

T.O. さん

鹿児島市消防/薩摩川内市消防/人吉下球磨消防 合格

私は父が消防士ということもあり、幼いころから消防士になりたいと思っていました。実際に試験を受けてみると、その問題の難しさと公務員試験の倍率の高さに驚かされました。それでも「消防士になりたい」という自分の夢をあきらめず、中央法科カレッジに入学することを決めました。

学校は少人数制ということもあり、まさに先生と生徒が一体となって公務員試験に挑むというような感じでした。超難関の公務員試験でも怯むことなく挑戦することができたのは、中央法科カレッジだったからだと本当に心から思っています。

これから公務員を目指す人は、勉強がつらく感じることもあるでしょう。そんな時は同じ夢を持った仲間や先生方に相談してみると、自然とまた夢にむかって頑張れます。この学校はいい先生方ばかりです。頑張って自分の夢を実現してください。

S.M. さん

霧島市消防/人吉球磨地区消防/鹿児島県警察官B 合格

高校時代、野球部だった私は部活動にばかり打ち込んでおり、勉強は全くしていませんでした。そんな私が、自分の一番の夢であった消防士に最終合格できたのは、中央法科カレッジのおかげだと思っています。基礎的な問題にすらついていけなかった私に、先生方は一つ一つ丁寧に教えてくださいました。そしてわからなかった問題がわかるようになったとき、初めて勉強が「楽しい」と思いました。

しかし、試験に対する不安がすぐになくなったわけではなく、その不安を消すために勉強をしては、「決して夢をあきらめない」と思い続けていました。

合格したときは本当にうれしくて体の震えが止まりませんでした。今振り返ると中央法科カレッジを選んで本当によかったと思います。何でも相談できる仲間と、先生方の楽しい授業のおかげで、学校に行くのが毎日本当に楽しみでした。この勉強しやすい環境が一番の魅力だと思います。

私はこれからも自分の新たな夢に向かってあきらめずに努力していこうと思っています。皆さんも自分の夢に向かってがんばってください。

T.U. さん

鹿児島県警察官B/警視庁警察官V類/曹候補士 合格

私は絶対に警察官になりたくて、中央法科カレッジへの入学を決めました。最初は勉強についていけるかとても不安でしたが、先生方のわかりやすい説明と、時折ある冗談で楽しく授業を受けることができました。わからない問題も、放課後にわかるまでとことん付き合っていただきました。また、勉強以外の面でも、日ごろの挨拶や敬語の使い方なども学び、面接試験の際には自信を持って臨むことができました。

公務員試験という厳しい倍率の中での合格は、決して自分だけの力ではなく、先生方やクラスの仲間、家族などの支えがあってこそ実現できたと思っています。短い期間でしたが貴重な体験をすることができました。中央法科カレッジで学べたことを誇りに思います。本当に有難うございました。

I.T. さん

阿久根市 (一般事務)/日本郵政公社(内務南九州) 合格

私は中央法科カレッジで、公務員になりたいという2年越しの夢を叶えることができました。私が公務員の勉強を始めたのは高校3年になってからでした。そのときはどんな勉強をすればよいかわからず、夏休みに入ってやっと勉強が楽しくなってきたころには本試験があり、結果は悔いの残るものとなりました。しかし、公務員になりたいという気持ちはますます強くなり、中央法科カレッジへの入学を決めました。

まず最初にビックリしたことは、みんなが自主的に勉強していたことでした。放課後も先生方に質問をしに行ったりと、いい意味でたくさんの刺激を受けることができました。また同じ夢をもった人たちと熱く語ったり、冗談を言い合ったりと、とても充実した学校生活を送ることができました。勉強に関しても、授業でわからなかったことは放課後に先生へ質問に行き、わかるまで教えていただきました。中央法科カレッジは勉強するにはピッタリの環境で、今までの人生の中で一番勉強した気がします。

最終合格の通知が届いたときには、今までに味わったことのない達成感を得ることができました。また夢をあきらめずに頑張ったことで自分に自信がつきました。これからも、その自信を胸に頑張ります。

K.F. さん

大口外四町消防/大隅曽於地区消防 合格

私は高等学校を卒業後、2年間救急救命士の専門学校へ通ってから中央法科カレッジに入学しました。そのころには、教養の知識はほとんど頭から抜けていて、一からのスタートと言っても過言ではありませんでした。初めのうちは模擬試験の成績も思わしくなく、伸び悩んでいた時期もありました。そんな私に先生方は、「私たちが絶対合格させるから!」という力強い言葉をかけてくれました。また、友人たちからの応援もあり、最後まであきらめずに勉強に集中することができました。面接や作文などの対策も入念にしていただきました。私が何度も何度も質問するのに対し、先生方はいつも笑顔で迎え、快く耳を傾けてくださり、とても頼りになりました。また、合格通知が届いたことを知らせると、自分のことのように喜んでくれました。中央法科カレッジは、先生方との距離がとても近く、自分の夢をかなえるのに最適な場だと思います。ここに来て本当に良かったと心から思います。私を支え最終合格に導いてくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました。

K.A. さん

日置地区消防/日本郵政公社(外務南九州) 合格

私は消防士になりたいという自分の夢を絶対に叶えるために中央法科カレッジに入学しました。はじめのうちは、なかなか勉強がはかどらず、悩む時期もありました。先生方にはいろいろな相談をしたりと、勉強以外でも大変お世話になりました。その中で私は、「絶対にあきらめない」ということを知ったと思います。

その結果、念願であった消防士合格を地元でかなえることができました。「努力に勝る天才なし」という言葉があるように、決してあきらめず努力することがとても大切です。中央法科は私の夢を叶えてくれました。

私は、これから消防士として頑張っていきますが、この中央法科で学び得た知識を活かし、誰もが思う立派な消防士になりたいです。皆さんも夢を持つことだけではなく、しっかりとその夢を実現できるように頑張ってください。先生方には、言葉では表現できないほど感謝しています。本当に有難うございました。

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

体験記は、到着次第順次追加・更新予定です。

公務員試験合格体験記(アーカイブページ)へ戻る

ページの先頭へ戻る

〒890-0046 鹿児島市西田二丁目27番32号 TEL 099-213-0205(代表) FAX 099-213-0245