公務員試験合格体験記

■2010年度公務員試験 合格体験記(抜粋)

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

村瀬昭博 さん

鹿児島県中級教育事務/鹿児島県警察官A/鹿児島市消防/大隅曽於地区消防組合 合格

私は、民間の企業で働いていたのですが、大学時代から公務員として働きたいという気持ちがあったので、退職して中央法科カレッジに入学し、公務員を目指すことにしました。高校のときに履修しなかった世界史や生物、苦手意識のあった数的処理や判断推理なども、先生方の丁寧な授業と指導で徐々に力がついていくことを自分でも実感できました。空いた時間は自習室を利用して勉強したり、DVDを借りたりして、わからないところを反復して攻略するようにしました。その結果、数多くの試験に合格し、最終合格を掴むことができました。この学校の授業を受け、しっかり復習すれば、絶対に合格できます。2次の面接対策や、プライベートの相談などにも親身になってくださる先生方が、たくさんいらっしゃいます。あとは、あなたのやる気次第です。是非この学校で合格を勝ち取ってください。中央法科カレッジで勉強できて本当に良かったです。ありがとうございました。

N.S. さん

鹿児島市上級化学 合格

公務員を目指そうと決心した時期が遅かった私は、中央法科カレッジに入ったのも4月からでした。当時は独学でも通るのではないかと考えていましたが、ここに入学したほうがより確実に合格できると思い入学しました。入学した時期が4月ということもあり授業は演習が主となっていました。基礎が全くない私にとっては、とてもついていくことができず、そのとき初めて自分のレベルを知りました。中央法科カレッジでは、私のような中途入校者でも、すでに終わっている前の授業をDVDでフォロー受講することができます。また、自習室も月曜日から土曜日まで開放されているので、毎日通って自分のペースで前の授業からすべてを受講することができました。

1週おきに実施される模擬試験も、自分の学力達成状況を把握するうえで、とても重要だと思います。第1回目の模試で最下位であったことが、危機感につながり、鹿児島市役所上級化学への合格に至ったと考えています。

N.K. さん

鹿児島市中級一般事務 合格

私は学生時代、公務員という存在はどこか近寄りがたく、進路の選択肢にすらありませんでした。しかし、社会に出て公務員の方と一緒に仕事をしたことがきっかけで、私自身も公務員を目指したいと思うようになりました。

もともと高校が普通科ではなかったため、学力に不安を抱えていましたが、要点をまとめたテキストと先生方のわかりやすい授業を通して少しずつ知識を増やしていくことができました。また、試験前や合格発表前に不安でたまらなくなったとき、先生方から「あなたなら絶対大丈夫!!」と勇気づけていただけたことで最後まで頑張ることができました。

仕事と勉強の両立は大変でくじけそうになるときもありましたが、家族の支え、職場の方や友人の応援、そして中央法科カレッジの先生方の存在によって、第一志望に合格することができました。中央法科カレッジを選んでよかったと思っています。本当にありがとうございました。

若松賢太郎 さん

東京消防庁T類 合格

私が中央法科カレッジに入学した理由は、ここが、自分の生活の時間に合わせて学習する環境を整えることができたからです。学生であったため、昼間は授業があり、夜まで部活動をする生活を送っていたため、集中した勉強の時間確保が求められました。CLCでは、夜間授業が行われ、授業を受けることができなくてもDVDで受講できたり、勉強が不足している部分は、プリントをいただいて、学習したりすることができました。また、消防を目指していたため、部活動を行ってはいましたが、トレーニング指導をしてくださる先生が、自分に合わせたメニューを組んでくれました。このように、CLCでは、同士からの刺激を受けられるだけでなく、自分のペースで学習することができます。

また、CLCの先生方は公務員受験指導のプロフェッショナルです。傾向と対策は万全であり、迷うことなく自分の決めた道を突っ走ることができます。是非、CLCへ入って公務員を目指してください。

宮原 悠 さん

国家V種行政九州/鹿児島県警察事務/鹿児島県警察官B 合格

私が中央法科カレッジを選んだ理由は、他の学校より1クラスが少人数に設定されているため、多くの質問ができると思ったからだ。学校に入学した当初、驚いたことがあった。それは、先生方が学生全員の氏名を覚えて名前で呼んでおられたことだ。初めて会う先生だけれども、以前から知っていたような気持ちがし、一人も知り合いがいない学校に行くことが不安だった私は、とても嬉しかった。

授業では、わかりやすく、理解するまで一生懸命説明してくださり、楽しく学ぶことができた。私のクラスは先輩が多く、「合格」という目標を達成するため、ともに勉学に励み、わからない問題を考えたり、点数を競い合ったり、切磋琢磨した。また先輩方は、私が今まで経験したことがない体験談を話してくれたり、ジムに付き合ってくれるなど、やさしく接してくれたので感謝の気持ちでいっぱいだ。

学生のことを常に考え、ともに喜んでくださる先生方、私を弟のように優しくしてくださる先輩方。私にとって、この出会いは、とても貴重な良い思い出である。私は、中央法科カレッジに行って良かったと心から思っている。

坂本佳史 さん

国家V種税務九州/裁判所事務官V種/鹿児島県一般事務/姶良市一般事務/鹿児島市一般事務 合格

私は、公務員試験の勉強を自分なりにしていましたが、自分ひとりで勉強する不安や公務員試験に関する情報収集に限界を感じ、中央法科カレッジのサマーカレッジに通うことに決めました。

入校してから、この夏は本気で勉強して合格を決めるんだと決心し、一日も休まずに授業に参加するようにしました。同じ志を持った仲間や、オリジナルテキストやまとめ集、作文添削など、今までとは違う学習ができ、自分の力も確実に上がってきていると感じました。

そして、受けた試験の1次がすべて合格だったとわかったときは信じられない気持ちでした。また、その次の2次試験の面接試験も先生方に練習をしていただき、緊張することなく100%の力が出し切れたのではないかと感じました。

夏だけという本当に短い間でしたが、ここで決めることができて良かったと思います。

松田一馬 さん

裁判所事務官V種/鹿児島県一般事務/薩摩川内市一般事務/鹿児島市一般事務 合格

私は事務職を希望していたので行政法律コースを選びました。授業では基礎を中心とした問題から応用問題まで数多くの問題を解くことができ、その都度わかりやすい解説をしてくださいます。また放課後は夜9時まで自習室を利用することができ、自分の苦手分野を徹底的に勉強することができました。わからないことがあっても職員室に行けば先生方が丁寧に教えてくださいました。また面接カードの添削や面接練習等の2次試験対策も全面的にサポートしていただけます。私は中央法科に通ってよかったと思いました。ありがとうございました。

これから公務員を目指す方へ。大事なことは自分からすすんで学ぼうとする姿勢です。学校からは土日や大型連休中でも課題はあまり出されません。適度なリフレッシュは必要ですが頭を休めすぎてはいけません。使える時間を有効に使うことができれば、よい結果につながると思います。

中木原 諒 さん

国家V種機械九州/鹿児島市消防/福岡市消防B/久留米市消防 合格

私は高校3年生のときに公務員試験を受けました。しかし、今まで本気になって勉強をしたことがなかった私には、夏期の短期間の勉強だけでは足りるはずもなく、結果は不合格でした。私は、夏期講習に通った学校から中央法科カレッジに変更して、1月から勉強しました。

中央法科カレッジは少人数制で、授業にとても集中することができました。また、先生方はとても親しみやすく、解けない問題を気軽に質問に行くことができました。さらに、この学校にはトレーニングジムもあり、入学当初の1月と10ヵ月後の10月とでは体力測定の数値が全然違いました。誰でも努力をすれば伸びると思います。中央法科カレッジはその機会を与えてくれる場所だと思います。

私は、今までご指導いただいた先生方、一緒に頑張った仲間に感謝しています。ありがとうございました。

松田涼平 さん

東京消防庁V類/海上保安学校/警視庁警察官V類/鹿児島市消防/南薩地区消防組合 合格

私は、幼い頃からの目標であった消防士になるために、高校3年生の9月からこの学校の夜間部に通い始めました。その年の試験では、1次には合格したものの2次試験で不合格となってしまいました。高校卒業後の4月からは昼間部に通い始めました。当初私は、昨年1次合格したのだから今年はどうにかなるだろうと、とても甘い考えを持っていました。

しかしクラスの仲間は違いました。毎日授業が終わったあと、中央法科カレッジの閉まる時間まで自習をしたり、先生に自ら課題をもらいに行く仲間ばかりでした。また甘い考えを持っている私を注意してくれた仲間もいました。その日から心を入れ替え毎日9時まで自習をし、休日も学校で自習しました。そして晴れて東京消防庁に合格することができました。

中央法科カレッジに通っている時間は、生まれて19年間で一番勉強をした時間でした。時には勉強がいやになって投げ出しそうになったときもありました。でもそんなときは、仲間と支えあい、励ましあい、ジムでトレーニングして気分転換したりして乗り越えました。そんな仲間たちがいたからここまで頑張ることができました。

私が中央法科カレッジで学んだ一番大切なことは「仲間」の大切さです。

末廣紘太 さん

南薩地区消防組合 合格

私が公務員試験を受けようと思ったのは、高校2年の冬でした。それから学校で定期的に行われる公務員模試を受け続けましたが、合格点に達することはありませんでした。そこで、私は3年生の6月から中央法科カレッジの夜間部に入学しました。また、夏休みにはサマーカレッジに参加し、朝から晩まで法科カレッジで勉強をする夏を過ごしました。中央法科カレッジの先生方はとても気さくで、授業時間外に私が質問に行った際も、わかりやすく熱意のこもった解説をしてくれたので、その夏がまったく苦にはなりませんでした。

私が思うに公務員試験は、どれだけ早く試験に向けての対策を取れるかがとても重要だと思います。はやく始めればそれだけ多くの問題を解くことができます。

ここ中央法科カレッジは、公務員試験に向けての勉強をする環境が整っています。

薗田千晴 さん

南さつま市一般事務/公立学校共済組合 合格

私が公務員試験に合格できたのは、中央法科カレッジの充実した環境、同じ目標を持った友達、そして何といっても先生方のおかげです。

私は、高校生夜間部とサマーカレッジを受講しました。初めは、わからない問題も多く、模試の点数も思うような点数を取ることができませんでした。しかし、先生方が「たくさん問題を解くことで慣れてくる」とおっしゃっていたので、できるだけたくさんの問題を解きました。わからない問題があったら積極的に質問することで、少しずつ理解できるようになりました。また、2次試験対策もしっかりサポートしていただき、自信を持って本番に臨むことができました。

本当に、中央法科カレッジなしでは、合格できなかったと思います。中央法科カレッジで勉強できて良かったです。本当に先生方にはお世話になりました。ありがとうございました。

和田勇也 さん

鹿児島県警察官B/警視庁警察官V類 合格

「絶対受からない」と考えて毎日を過ごしていましたが、あっという間に半年という時間はすぎてしまいました。私は、以前は勉強がとても嫌いで、いつも逃げてばかりいましたが、たった半年で自分の就きたかった仕事に就けるのです。私が合格した理由は、中央法科カレッジのおかげだと思っています。

まず、勉強嫌いな私にとって何が一番良かったかというと、先生方がとても明るく楽しい、また優しい先生ばかりだったことです。私は、職員室に質問をしに行ったり、時には先生方とむだ話をするのがとても大好きで、時間を見つけては職員室に行くほど先生方のことが好きで、ある意味ファミリーのように感じていました。

また、同じ夢に向かって支え合ったり、時には刺激し合う友人たちの存在も大きかったです。私のクラスはみんな仲が良く、休みのときは勉強のことを忘れて思い切り遊び、やるときはしっかり勉強する、ONとOFFのメリハリがしっかりできていたように思います。授業が終わると、友人たちと一緒に毎日夜まで自習をしました。初めのうちは模試の点数も上がらず合格は無理かと思っていましたが、諦めず最後まで努力をすれば絶対報われます。これから公務員を目指す方も、ここ中央法科カレッジで一緒に切磋琢磨できる友人を見つけ、夢に向かって頑張ってください。

礒口拓也 さん

大隅肝属地区消防組合 合格

私は小学一年のときから続けている野球を通して、家族や友人、地域の方々に支えられてきたため、次は自分が地域や人のために働きたいと思っていました。進路について悩んでいたとき、東京消防庁に勤務する兄の「消防士はとてもやりがいがあるし感謝される仕事だが、中途半端な気持ちでは無理。」という言葉が心に残り、兄のような消防士になって地元のために働きたいと思い、兄も通った中央法科カレッジに行くことにしました。

今までは野球ばかりで、勉強という勉強を全くしてこなかった私に、先生方はわかるまで根気強く、何度も教えてくださいました。

はじめのうちは成績も下から数えたほうが早かったのですが、諦めずに努力を続けるうちに成績も上がり、模擬試験でも結果が出せるようになって、遂に消防士になるという夢をかなえることができました。

これも私を見捨てずに指導してくださった先生方、支えてくれた家族のおかげです。本当にありがとうございました。ここで学んだことをこれからの消防人生に生かして、兄を越えられるような消防士になります。

私がこんなことを言う立場ではないのですが、これから消防士や警察官を目指す人たちへ、最後に一言。 本気でなりたいと決めたのなら、最後まで諦めないで頑張ってほしい。中途半端な気持ちで合格できるほど試験は簡単なものではありませんが、諦めなければ中央法科カレッジの先生方がわかるまで教えてくださり、夢は必ず叶います。頑張って夢をかなえてください。

中央法科最高!先生方最高!今まで本当にありがとうございました。これからもずっとお世話になります。

野下大輔 さん

国家V種行政九州/東京消防庁V類/鹿児島市消防/海上保安学校学生 合格

私は、今年第一志望だった鹿児島市消防局に最終合格することができました。高校3年生のときに3つの消防の試験を受けて、すべてが不合格になり、「来年こそは必ず合格してやる」と言う気持ちを常に持ち、今日まで頑張ってきました。

中央法科カレッジに通い始め、私は授業で習ったことを確実に自分の身に付けることを一番大切にしてきました。授業の中で私が最も頑張ったのは一般知能です。たくさんの問題を解き、その一つ一つの解き方をしっかりと理解することで、自然と応用力もつき、試験では一般知能はほとんど間違えませんでした。また、勉強だけでなく、体力試験対策として、ジムでのトレーニングにも励みました。暇を見つけてはトレーニングをしてきたので、入学した時に比べ、かなり体力がつきました。半年間、合格できることを信じて頑張ってきて本当に良かったと思いました。

ようやく消防士としてスタートに立てたので、この頑張りを忘れず、日々努力していきたいです。

中木原弘敏 さん

鹿児島県警察事務/鹿児島県警察官B/福岡県警察官B 合格

私は警察事務に合格することができました。私は公務員試験を受ける前に、2年間医療系の専門学校に通っていました。しかし公務員になるために、その専門学校を中退して、中央法科に通うことに決めました。自分の進路を変えることに不安はありましたが、公務員になりたいと言う気持ちをしっかりと持ち、ぶれることなく勉強をすることができました。 毎日コツコツと勉強をし、目標を立て、その目標に向かってしっかりと歩んでいくことが大切だと思います。中央法科カレッジには、私たちを全力でサポートしてくれる、やさしくてすばらしい先生方がいます。悩んだときやわからないことがあるときは、先生方に相談すれば、必ず力になってくれます。私も作文などいろいろと力になってもらい、先生方のおかげで合格することができたと思っています。

試験の当日は、自信を持って問題を解き、面接では、面接官の目をしっかり見て、短い時間でも自分をアピールするように努力すれば大丈夫だと思います。

最後に、警察官や消防士を目指す人は、ジムトレーニングのある警察消防コースをお勧めします。このコースなら、体力試験の面でもトレーナーの先生に力になってもらえますよ。

中倉賢昭 さん

大隅曽於地区消防/大隈肝属地区消防/警視庁警察官V類 合格

私は消防士になるという夢を叶えるために中央法科に入学しました。不安でいっぱいだった私を待っていたのは、明るく、優しく、まるで父親・母親のように接してくれる先生方、そして夢を叶えるために切磋琢磨し合える仲間たちでした。半年間という短い間でしたが、辛いこと・苦しいことはみんなで乗り越えて、嬉しいことはみんなで喜び合いました。私は中央法科のみんなが大好きです!!

私が合格することができたのは、最高の先生、最高の仲間、そして最高の両親が支えてくれたからです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからの長い人生の中で多くの困難に直面すると思いますが、まっすぐ前を見て自分の意志をしっかり貫き、みんなから愛される消防士を目指して頑張っていきます。

最後に、半年間本当にありがとうございました。中央法科は僕にとって第2のHOMEです。(笑)

これからも温かい目で見守っていてください。それでは、行って来ます!!

小原奨射 さん

鹿児島県警察官B/宮崎県警察官B 合格

私は宮崎県警察官に最終合格することができました。合格できたのは中央法科カレッジに入学して、良い先生や友人と出会えたからだと思います。

私は高校が商業科の学校だったため、最初は授業についていけず、かなり悩みました。そんなとき、わからないところを友人が優しく教えてくれ、先生は私がわかるまでじっくりと解説をしてくださったので、ゆっくりと確実に理解することができました。みんなのやさしさや頑張りを見て、自分も負けていられないと、夜遅くまで自習室で勉強しました。

私は本当に良いクラスメイトに出会えたと思います。警察・消防・海保と、少し違うけれど同じ目標を持った仲間と夜遅くまで勉強して、休日もみんなで勉強し、毎日筋トレをしました。本来なら毎日が辛いはずなのに、半年間まったく苦に感じることなく頑張ることができました。

宮崎県警察に入って、知らない土地でも中央法科で頑張ったことや先生方への感謝の気持ち、友人の優しさを忘れず、立派な警察官になりたいです。

増田朱里 さん

海上保安学校(情報システム) 合格

「海上保安官になりたい」という夢をかなえるために、私は中央法科カレッジに通い始めました。始めのうちは周りの人たちについていけるか、とても不安でした。初めて模試を受けたとき、結果はとても悪かったです。そのときはとても落ち込みましたが、よく考えてみると高校の勉強と部活動に追われていて、公務員試験の勉強は中央法科の授業のときしかやっていなかったので、当然の結果だと思いました。

これではダメだと思い、ある先生が「復習だけはしっかりしなさい」とおっしゃっていたので、毎日少なくとも復習だけはするようにしました。その結果成績は徐々に上がり、最終的に目指していた海上保安学校に合格することができました。私が合格できたのは、いつも熱意を持って授業をしてくださった先生方や、同じ目標を持った仲間、また常に応援してくれた家族がいたからだと思います。これからもこの感謝の気持ちを忘れず、立派な海上保安官を目指します。

燗c弘毅 さん

鹿児島県警察官B 合格

私は昨年、県外の警察官に最終合格することができましたが、地元で仕事がしたい、再び警察官の制服を着て地元の治安を守りたいという思いから、信頼できる先生方がおられ、集中して勉強できる環境の中央法科で一から勉強しなおしました。

公務員を辞めて公務員になれるのか正直なところとても不安でした。しかし、「警察官になり地元の治安を守る!!」という強い気持ちだけは常に持ち続けていました。

昨年、先生からかけていただいた、「周りは気にしなくていい。最後に自分が合格すればいいんだよ!」という言葉を常に頭において勉強を根気強く続けることができ、その結果希望していた地元の警察に最終合格することができました。中央法科カレッジでは公務員の勉強以外に、人生の勉強もさせていただきました。本当に先生方には感謝しています。これからも目標を高く設定し、目の前の夢に向かって頑張りたいと思います。

最後にこれから公務員を目指す人、また公務員を辞めて再び公務員を目指す人へ・・・時間がかかっても夢を諦めないでください。後悔しないでください。自分を信じて頑張ってください。

眞田莉奈 さん

警視庁警察官V類 合格

私は高校3年生のときに公務員試験を受けましたが、不合格でした。担任の先生に勧められ、中央法科カレッジに入学して半年間頑張ろうと決心しました。

入学して職種案内のビデオを見たとき、警視庁の警察官になりたいと強く思いました。入学してすぐの模試では散々な結果でした。それから中央法科カレッジに夜まで残って勉強をしたり、家でも勉強したりして、少しずつですが模試の結果を伸ばしていきました。試験が近づき、気持ちが不安定な時期に支えてくれたのは先生方でした。たくさんの言葉をかけてもらった中で、一番支えられた言葉が「苦しいのは一瞬。悔しいのは一生」です。絶対に警察官になるという強い気持ちを持ち続けて最後まで一生懸命やり抜きました。

最終合格を手にしたとき、苦しかったことなんて忘れるぐらい嬉しく、泣いて喜びました。諦めずにコツコツ勉強を積み重ねることが合格への近道だと改めて思いました。中央法科カレッジに通って良かった!

S.O. さん

鹿児島県警察官A/熊本県警察官A 合格

私は、中央法科カレッジの夜間部、警察消防コースに通いました。大学に通いながら公務員試験の勉強をすることは、私にとってとても難しく、大変なことでした。しかし、大学の授業のあとに、中央法科カレッジに通うことで、学習のリズムをつかむことができ、大学の講義と公務員試験の勉強を両立することができました。計画的に効率よく学習できる環境によって、警察官に合格することができ、本当に良かったです。

先生方の熱心なご指導により、苦手分野も克服することができました。授業に集中することで、確実に勉強時間を確保し、それを積み重ねることで実力を付けることができたと思います。先生方に自分から質問できる環境が整っていて、わからないところもすぐに解決でき、本当に助かりました。また、先生方の熱心なご指導によって、自分自身が成長できたと思います。

私は、合格に向けて、最高の環境と最善の指導をしてくださった先生方に、心から感謝しています。本当にありがとうございました。

牧 詩織 さん

国家V種行政九州/防衛庁職員V種/姶良市一般事務/鹿児島市一般事務 合格

私は、国家公務員V種試験に合格し、福岡入国管理局への採用が決まりました。中央法科カレッジでは夜間部に所属し、高校での授業と部活のあとに法科で授業を受けていました。7月後半まであった部活動との両立は大変でした。しかし、公務員試験に必要な部分を重点的に、わかりやすく教えてくださったので、大学入試の対策が主だった高校の授業内容とも混同することなく勉強することができました。

また、2次試験での面接も、最初は不安な点ばかりでしたが、先生方と何度も練習するうちにその不安もなくなり、本番にもリラックスして臨むことができました。いくつかの面接を受けて、上手に話すことではなく、自分が相手に伝えたいことをどれだけ自分の言葉で伝えられるかが大切だと思いました。

自分を今まで支えてくれた人たちを、今度は自分が支えられるようになりたいと思い、公務員を受験しました。慣れない土地での仕事ですが、今まで学んできたことを忘れず、また新しい出会いも大切にしながらやっていきたいです。

熱心に指導してくださった先生方、一緒に学んだ夜間部のクラスメイトたちには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。先生方、これからも度々遊びに行かせてもらいます! 本当にありがとうございました。

大平翔也 さん

出水市消防/長島町消防職 合格

私が念願の出水消防署に合格することができたのには2つの理由があります。

まず1つ目は、中央法科カレッジに入校し、いい先生方に巡り会えたことです。中央法科カレッジの先生方はわかりやすく教えてくださる優しい先生ばかりです。また、勉強することを強要せず、言葉巧みにプレッシャーを与えてくれます。だから、自ら勉強しなければいけないなという気持ちになり、熱心に勉強に取り組むことができました。

2つ目は中央法科カレッジで同じ目標を持つライバル(仲間)に出会えたことです。テストの順位を競い合ったり、お互いのやる気を出すために励まし合ったり、気晴らしにみんなで楽しく騒いだり、この仲間に出会っていなければ、最後まで頑張ることはできなかったと思います。

私が今こうして合格の喜びを味わうことができるのは、中央法科カレッジのおかげだと感謝しています。この感謝の気持ちを忘れずに、これから消防士として頑張っていこうと思います。

稲葉成美 さん

鹿児島県警察官B 合格

私はこのたび、鹿児島県警察に最終合格することができました。この合格は、多くの人々の支えのおかげだと思っています。

私がカレッジに入ったのは4月。周りの人からは今からの勉強では遅いと言われていましたが、カレッジの先生方は「無理」とは絶対に言わず、常に「頑張ろう」と励ましてくださいました。その言葉をかけてもらうたびに、もう一度頑張ろうと諦めずに取り組むことができました。

なかなか点数として出てこないときも「数字は関係ない」と声をかけていただいたことで、落ち着いて勉強でき、焦ることなく居ることができました。また、同じカレッジの中で昼も夜も一生懸命頑張る友達の姿を見て、とても刺激を受けました。一緒に勉強しながら、いろんな話ができて楽しかったです。

私は公務員試験の勉強をする間、苦しいと思うことはなく、先生方や友達と楽しく過ごすことができました。どんなことがあっても「私は警察官になる」という気持ちを忘れずにいれば、絶対に叶います!! 叶った今では多くの人に感謝の気持ちでいっぱいです。

東園 翼 さん

東京消防庁V類/福岡市消防B/大隅曽於地区消防組合/水俣芦北広域行政事務組合消防 合格

私は救急救命士の専門学校に2年間通い、資格を取得した後に、中央法科カレッジに入学しました。私が法科カレッジを選んだ決め手は、トレーニングジムが施設内にあったからです。消防試験には体力試験もあり、それが一番の不安要素だったからです。その甲斐あって、去年は一度も合格できなかった壁を、今年は受験した消防すべてに合格することができました。

法科カレッジでは学力や体力だけでなく、精神まで養うことができます。入学したその日から面接対策が始まり、面接ウケする回答ではなく人格自体を形成するからです。ここには変わる"きっかけ"が沢山あり、人間的にも成長できると思います。

また半年だけだと思い、友達を作らなくてもいいと思っているアナタ!! それは無理です。私もそう思っていましたが、必ずできます。

同じ目標を持った仲間同士、互いに高めあって合格を目指してください。そのほうが勉強もトレーニングも幅が広がって、得られることも多いと思います。何より楽しくなります。高校生には年上の方と接する良い機会にもなると思います。勉強やトレーニングはキツイですが、それすら楽しんで頑張ってください。ここではそれができます。応援しています。

清水隆平 さん

鹿児島県警察官B 合格

私は、小さい頃からずっと警察官という職業にあこがれていました。そして高校3年になり、自分の進路を考えていたときに、中央法科カレッジの存在を知りました。警察官になりたいという明確な目標を持っていた自分に、ぴったりの進路だと思い、高校卒業後は中央法科カレッジに入学することにしました。

中央法科カレッジには、私と同じ目標を持った仲間がたくさんいました。その仲間たちと励ましあい、競い合いながら勉強できる環境によって、自然と勉強にも力が入りました。法科カレッジでは、先生方からやらされる勉強ではなく、自分の意志で、自分のペースで勉強ができるので、私にとってはとても勉強のしやすい環境でした。

また、学校にはジムもあり、専属のトレーナーもいらっしゃるので、的確な指導を受けながら体を鍛えることができ、体力試験でも困ることはありませんでした。私はこの学校のおかげで「警察官になる」という夢をかなえることができました。

東條竜弥 さん

国家V種行政九州/海上保安学校学生/鹿児島県警察官B 合格

入学当初は、自分の教養や体力のなさを実感させられ、本当に合格できるのだろうかと不安な日々をすごしていました。しかし、この不安は、学校での授業やフィットネス・ジムでのトレーニングにより、少しずつ解消されていき、自信へと変わっていきました。

私が最終合格をいただくことができたのは、この学校にある環境のおかげだと思っています。この学校での授業は、基礎的な問題から応用問題まで徹底的に教えていただけます。重要なポイントを的確にわかりやすく説明してくださるので、とても学びやすいです。フィットネス・ジムでは体作りから始まり、体力試験対策までしてくださるので、本番には万全の状態で望むことができました。

また、何と言ってもこの学校の魅力は、同じ目標に向かってともに頑張れる仲間や、親身になって指導してくださる先生方と出会えることだと思います。このような充実した環境で過ごせたことに感謝しています。本当にありがとうございました。

南 紫織 さん

鹿児島県初級一般事務/鹿児島市初級一般事務 合格

私が中央法科カレッジに入学しようと思った理由は、高校時代の友人や先輩が学び、合格した学校だったからでした。最初入学しようと決めたときは、まだ社会人として勤務しており、「一度社会に出てからだと合格しにくいのではないだろうか?」と思っていたため、心の中では、入学を断られるのではないかとハラハラしていました。しかし、そんな心配は必要ないと背を押して頂いただけではなく、様々な合格者の体験談まで話していただきました。おかげで、胸の中の不安は解消され、学校に通い始めた後も、友人ができたり、卒業生の先輩が公務員試験を受験したときの話を聞いたりして、モチベーションを高い状態で維持することができ、午後まで授業を受け、その後9時まで自習室で勉強することも、すごく楽しかったです。

中央法科カレッジで過ごした間には、今までに無いほど心も頭脳も使用し、元気に活動しました。これも中央法科の先生や皆さんに出会えたからだと感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

Y.Y. さん

鹿児島県中級一般事務/霧島市一般事務 合格

公務員を目指すうえで最初に考えたことは、独学で試験を受けるか、それとも学校に行って勉強するかということでした。私は大学で法律を専攻していたため、何とか勉強もできると思い、はじめ独学で公務員を目指しました。しかし、自信を持って受けた試験の結果はボロボロで、独学では限界があると思い、中央法科カレッジに入ることに決めました。

中央法科カレッジに入って感じたことは、先生方がとてもフレンドリーであり、勉強以外のことでも相談にのってくださることや、同じ公務員を目指していてライバル同士でもあるのに、生徒の仲が良いことです。一緒に勉強し、お互いに励ましあう仲間ができ、独学では得られない関係を手に入れました。

公務員になるのは自分の努力次第ではありますが、中央法科カレッジには自分の力を効率よく伸ばしてくれる先生と仲間がいます。皆さんと同じ職場で働ける日を待っています。

瀬川竜司 さん

姶良市消防/大隅曽於地区消防組合/宮崎市消防 合格

私は救命士の専門学校に行き、救命士の資格を取得してから中央法科カレッジに入学しました。入学したときは、消防士試験に受かるのか不安でしたが、いろいろなことを親身になって考えてくださる先生方、半年間でしたが楽しいことや苦しいことを分かち合った、同じ目標を持った仲間がいたからこそ合格できたのだと思います。そんな仲間と競い合い、お互いに高めあいながら勉強やトレーニングをしていくと、得られるものも多いと思います。

また、この学校にはトレーニングジムがあり、専属のトレーナーもいらっしゃるので、的確な指導を受けることができるので、体力面の心配はいらないと思います。

私はこの学校に行って良かったと心から思っています。指導してくださった先生方、半年間一緒に頑張った仲間にはとても感謝しています。ありがとうございました。

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

体験記は、到着次第順次追加・更新予定です。

公務員試験合格体験記(アーカイブページ)へ戻る

ページの先頭へ戻る

〒890-0046 鹿児島市西田二丁目27番32号 TEL 099-213-0205(代表) FAX 099-213-0245