公務員試験合格体験記公務員試験合格体験記

■2019年度公務員試験 合格体験記(抜粋)

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

草野 遥 さん

九州国立大学法人 合格

私は大学卒業後,一度民間企業に3年間勤めました。しかし,鹿児島大学の事務職員になりたいという夢を持ち,退職後中央法科カレッジに入学することを決めました。

試験まで2か月しかないことや,勉強から3年離れていたことに不安しかなかったのですが,「全力でサポートするから一緒に頑張ろう」という先生方の温かい言葉にとても救われました。また学校の仲間たちも,勉強方法すら手探り状態の私にアドバイスをくれ,サポートしてくれました。そして最終的に,鹿児島大学の事務職員に合格することができました。

夢を追うことを全力で応援し,支えてくださる温かい先生方と,夢を共に追う仲間と一緒に,安心して自分の夢に向かっていける場所がここにはあります。心から中央法科カレッジに入学して良かったと思っています。短い間でしたが充実した毎日を過ごすことができました。本当に有り難うございました。

浦田琉誠 さん

海上保安学校(特別) 合格

私は,幼いころ海上保安庁のイベントで巡視船に乗せていただき,訓練の様子などを見て,私もいつかこんな仕事に就きたいと思うようになりました。しかし昨年度は2次試験で不合格となり,自分の努力不足を痛感しました。それでも私は,海上保安官になる夢をかなえるために,もう一度中央法科カレッジで勉強をし,絶対に合格してやると思いました。先生方のわかりやすい授業だけではなく,家に帰ってからも昨年以上に復習に取り組み,教わったことを一つでも多く覚えようと努力をしました。そのおかげで1次試験を突破することができました。

2次試験も昨年以上に気合を入れて取り組み,面接練習や面接カードの添削を何度も何度もしていただいたおかげで,自信をもって2次試験を受けることができ,無事採用通知をいただくことができました。私が合格できたのは,中央法科カレッジの先生方のお陰だと思います。中央法科カレッジで学んだことを活かしてこれからも頑張っていきたいです。

川添俊平 さん

海上保安学校(特別) 合格

幼いころから海上保安官になることが夢だった私は,父の勧めで高校2年生から中央法科カレッジに入校しました。その当時は公務員試験というものがどれほど厳しい世界なのか理解しておらず,模擬試験の判定で現実に直面しました。そこで危機感を抱き不安になりましたが,先生方の丁寧で分かりやすい授業をしっかりと受け,相談にも真摯に寄り添っていただいたおかげで,徐々に模擬試験の結果が良くなっていきました。中央法科カレッジで同じ目標を持った仲間たちに囲まれて勉学に励むという環境も良い刺激となり,勉強に集中することができました。

私が最終合格できたのは,熱心に教えてくださった先生方と,共に夢を追いかけた仲間たちのおかげです。本当に有り難うございました。この有意義な経験を将来に活かし,立派な海上保安官になります。

T. K. さん

さつま町一般事務 合格

私は中央法科カレッジに通う前まで民間企業で働いていました。しかし,かねてからの夢であった地元の役場に勤め,地元貢献できる仕事がしたいという思いが捨てきれず,勤めていた会社を退職し,一念発起して半年間公務員試験の勉学に励むことにしました。

学生時代から長い歳月がたっていましたので,最初のうちはなかなか授業についていけず,模擬試験の結果も思うように上がらなかったため,思い悩みました。しかし,先生方がわからない箇所を丁寧に教えて下さったおかげで少しずつ成績も伸びていき,無事筆記試験に合格することができました。

面接試験においても,本番を意識した対策をしていただき,本番当日も平常心で受験することができました。そして,何より中央法科カレッジに通って良かったと思うことは,合格できたということもそうですが,改めて学ぶ楽しさを思い出させてもらえたことです。これからもこの気持ちを忘れず,日々学び,向上心を持って地元の役場でも頑張りたいと思います。

池之上峻弥 さん

霧島市消防/横浜市消防 合格

私は高校3年生の時に消防士採用試験を受験しましたが,すべて一次試験で不合格となってしまいました。この時に消防士になることの難しさを身をもって知り,半年間で絶対に消防士になるという強い思いを胸に,4月から中央法科カレッジに通いました。

この半年間は分からないことを分からないままにせず,積極的に先生方に質問をしたおかげで,試験に十分自信をもって臨むことができました。その間,私が心がけていたことは,消防士になりたい思いを忘れることなく勉強に取り組むことと,人一倍勉強をすることでした。他の人と同じ勉強量で満足したり,遊びたいという誘惑に負けたりすると,悔しい結果になってしまうかもしれません。半年後に合格して笑うために,その半年間必死になって頑張り,中央法科カレッジで夢を実現してください。

T. M. さん

南さつま市消防/阿久根市消防/海上保安学校(特別)/刑務官 合格

私は高校卒業後,2年間中央法科カレッジに通いました。しかし,第一希望であった鹿児島の消防には最終合格を頂けず,県外の消防で働くことを決めました。働きだしてからも鹿児島県内の消防に戻りたい思いは消えず,仕事を辞めてもう一度中央法科カレッジで勉強に取り組むことを決めました。この1年間は,合格するか分からない不安や面接の不安など,たくさん心配な面がありましたが,先生方や新しい仲間,とにかくいろんな方々に支えられ,そのおかげで今年,南さつま市消防本部から最終合格を頂けました。正直なところ,この1年間はキツかったですが,やりきって良かったなと心から思います。

中央法科カレッジの先生方は,私たち生徒との距離が本当に近く,公務員試験での質問だけでなく,私生活での相談事にものっていただき,まるで親のような先生方ばかりです。卒業してからも遊びに行きたくなるようなそんな学校です。公務員を目指す方は是非中央法科カレッジを選んでください!!!

佐々木 塁 さん

鹿児島県警察官B/宮崎県警察官B 合格

私は高校2年生の2学期まで,普通に4年制大学に行き,それから就職先を見つけようとなんとなく思っていました。しかし3学期になり,しっかりと進路を定めなければならなくなった時,自分には何が一番向いていて,何がしたいのかをじっくりと考え,警察官を目指そうと決めました。そうすると公務員専門の勉強が必要となってくるので,最後の夏の大会が終わった3年生の夏休みに,この中央法科カレッジに通うことにしました。公務員組の友人たちの中には違う専門学校に通う人もいたため,不安もありましたが,時間が経つにつれて友人もたくさんでき,最高の先生方とも出会うことができて,私はここにきて本当に良かったと思っています。

サマーカレッジが終わったあとは自分で勉強をすると決めていたので,時間を有効に使い,学校での休み時間や家に帰って時間を決めて勉強に取り組みました。その結果,順調に進み,最終合格を頂くことができました。本当にここに来てよかったし,ここでなければ受かっていなかったと思います。言葉では言い表せないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。一流の警察官になって,恩返しをしたいと思います。本当にありがとうございました。そして中央法科カレッジ最高―!!

坂元 想 さん

鹿児島県警察官B 合格

私は短大1年生の夏に中央法科カレッジの夜間部に入り,約1年半警察官になりたいという夢を必死で追いかけました。

私は本当に数学が苦手だったため,リスクはありましたが,数的推理は基本的なところしか勉強しませんでした。その代わり,社会系や判断推理,文章理解,理科系に力を入れ,苦手なところや間違えた問題をまとめるノートを作りました。また,短大では心理学や法学,福祉を中心に履修をして,将来警察官になった際に少しでも活かせるような内容を自分なりに考え勉強しました。

合格を頂くまでは苦しいことばかりでした。警察官になりたいという思いが強すぎて,自分で自分の心を締め付けてしまうこともありました。しかし,そのたびに先生方や友人の警察官に背中を押してもらいながら,コツコツと努力し続けました。周りの支えがあったからこそ,合格を頂くことができたのだと思います。

公務員を目指すみなさん,受験生として苦しいことはたくさんあると思います。しかし,努力は必ず報われます。いつか必ず県民に必要とされる日が来ると思います。絶対に夢をかなえるという強くて熱い気持ちをもって,頑張ってください。応援しています!!

定久奈津美 さん

鹿児島県警察官B/宮崎県警察官B 合格

私は,短期大学を卒業後に社会人として働き,予備校の夜間部に通いながら,受験をしていました。しかし,思うように成績が上がらず,1次試験は不合格となりました。そこで環境を変え,基礎からしっかり学びたいと思い,中央法科カレッジに通い始めました。

初めは,授業についていくことができず不安でしたが,同じように目標に向かい頑張っている仲間を見ると,私も負けてはいられないと思い,日々の予習・復習に力を入れることができました。少しずつではありましたが,演習や小テストの点数を上げることができ,力がついてきたことを実感することができたことで,不安を解消することができたのだと思います。また,授業だけではなく,休み時間や放課後に,先生方が悩みごとの相談や世間話に付き合ってくださったことで,さらに充実した学校生活を送ることができました。本当にありがとうございました。

若吉真帆 さん

鹿児島県警察官B 合格

私は高校3年生の夏に,サマーカレッジを受講しました。それまではずっと部活動を続けていたため,中央法科カレッジに通い始めるまでは公務員試験の勉強には一切手を付けていませんでした。遅めのスタートで,分からないことや不安なことばかりでしたが,先生方の丁寧で分かりやすい授業のお陰で,学ぶことに楽しさを感じました。また,授業を受けるクラスは自分と同じ目標を持った仲間とともに集中して勉強できる雰囲気があり,とても良い環境でした。

中央法科カレッジに通ったことで,鹿児島県警察官Bの最終合格を頂き,また,親身になってくださる先生方,互いに励まし,高め合える仲間に出会えました。

不安になることや弱音を吐いてしまうこともありましたが,最後まで多くのサポートをしていただいたことにとても感謝しています。ありがとうございました。

齋藤一貴 さん

鹿児島県警察官B 合格

私は,警察官になるために,中央法科カレッジに通いました。夜間部とサマーカレッジに参加していましたが,薩摩川内市から通っていたこともあり,体力的にもきつかったです。しかし,先生方の熱心な指導と周りからの応援があったおかげで,最後までやり遂げることができました。自分の道がはっきりしていると,苦しいことや辛いことも乗り越えることができると思います。また,同じ目標を持つ仲間がいることで自分自身を高めることもできました。

中央法科カレッジを選んでよかったです。これからが勝負だと思っています。先生方や周りの方に恩返しするためにも,立派な警察官となり,県民から信頼される存在になりたいです。

合格することができたのは,中央法科カレッジに通ったおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

前迫朋輝 さん

鹿児島県警察官B/熊本県警察官B 合格

私は,警察官になるという夢を実現するために中央法科カレッジに通い始めました。高校3年の時に,約1ヶ月間サマーカレッジを受けて試験に臨みましたが,結果は1次で不合格でした。高校のクラスメイトはみな就職先が決まっていく中,自分だけが落ちてとても悔しい思いをしました。

今年の4月からは昼間部に入学し,絶対に合格するという強い気持ちで勉強に励みました。クラスの友人とも仲良くなることができ,教え合うことで少しずつ理解できるようになりました。先生方のわかりやすい授業や目標に向かって頑張ってきた仲間のおかげで,1次試験を突破することができました。面接でも警察官になりたい気持ちをしっかり伝え,最終合格をいただくことができました。先生方や友人,応援してくれた方々には感謝しています。中央法科カレッジに来て本当に良かったです。苦しい1年間でしたが,ここで身につけた忍耐力や集中力を活かして,これからも頑張ります。

大石崇矢 さん

鹿児島県警察官B/一般曹候補生/自衛官候補生 合格

私は,約3年間中央法科カレッジの先生方にお世話になり,小さいころからの夢であった警察官になることができました。2度の失敗を経て,反省と試行錯誤を繰り返し,やっとの思いで夢を実現しました。不合格だった時に,何が自分に足りなかったのかを考えた結果,面接や作文試験でうまく私自身の思いを伝えられなかったことが原因だと感じたため,勉強はもちろんですが,もっと自分を出せるようにしなければならないと思いました。そこで,勉強の合間に,人と関わることの多い接客業のアルバイトを始め,いろいろな経験を積みました。その成果も出たのか,今回の面接試験では,警察官になりたいという気持ちをしっかりと伝えることができました。この3年間は,親や友人はもちろんですが,中央法科の先生方のお陰で頑張ることができました。お世話になりました。ありがとうございました。

有水帆希 さん

鹿児島県警察官B 合格

私は,高校3年生の夏休みから,将来の夢であった警察官を目指すために,中央法科カレッジの夜間部に通いました。それまで部活動で硬式野球部に所属しており,野球まみれの生活だったので,勉強をするという習慣がありませんでした。また高校では,商業を中心に学んでいたので,習っていない範囲もありました。

公務員の勉強は範囲も広く,すべて応用問題みたいなものばかりで,とても不安でしたが,法科カレッジのみんなと同じ教室で勉強することで,自分も頑張ろうという気持ちを持ち続けることができました。わかりやすく教えて下さった先生方がいつも身近にいてくださったので,気軽に質問することもでき,とてもいい環境で勉強に励むことができました。私自身だけの努力だけでなく,私を支えてくれた親,先生方,友人たちに感謝し,一人前の警察官になって恩返しができるように頑張っていきます。

上村拓人 さん

福岡市消防/東京消防庁Ⅲ類 合格

私は幼いころから消防士になることが夢でした。高校に入学したときは,大学に進学してから消防士になろうと考えていましたが,消防士としての経験が少しでも多いほうがいいと思い,高卒で試験を受けることを決意しました。高校3年生から中央法科カレッジの夜間部に通い始めました。それまで公務員試験の勉強は全くしていなかったため,必死で勉強しました。特に私が重点を置いていたのは模擬試験です。模擬試験が終わると必ず全問,全選択肢に目を通し,どこが問われやすいか等をノートにすべて記しました。そうして自分だけの教科書を作成することに努めました。

中央法科カレッジでは公務員試験に関する情報が多く,分からないことはすぐに先生に聞くことができ,試験を受けるうえで他の人よりも有利になれた部分がありました。同じ目標を持つ仲間や分かりやすく教えて下さった先生方の存在も大きかったと思います。本当に有り難うございました。

K. A. さん

薩摩川内市消防 合格

私は高校時代から薩摩川内市の消防試験を受け続け,今年ようやく最終合格を手にすることができました。

教養試験の勉強は苦手でしたが,学校の授業で習ったことをしっかりと復習し,放課後の自習時間を充実させ,本当にこの1年間は死に物狂いになって頑張ってきました。

面接では,学校の面接練習でのアドバイス通り,どうしてもここで働きたいという強い意志,熱意を伝えることができたと思います。

人よりも年数はかかってしまいましたが,諦めずに頑張ってきて本当に良かったです。これから先も向上心を忘れず目標をもって,一生懸命に努めていきたいです。ありがとうございました。

田渕康成 さん

伊佐湧水消防/熊本市消防/東京消防庁Ⅲ類 合格

私はかねてより目標としていた消防士になるため,中央法科カレッジへの入学を決断しました。昨年消防士採用試験に失敗していることもあり,いかに厳しい世界なのかということは重々承知していたため,やる気とモチベーションを保ちながら学習に励むことができました。どうしてもわからないことや,気になることは積極的に先生方や友人に相談するようにしました。また,校内に設置されているジムにも週2日通い,体力試験も万全な状態で取り組むことができました。2次試験の際には,先生方が熱心に教えて下さったこともあり,無事に最終合格を頂くことができました。

今回合格できたのは,中央法科カレッジという質の高い公務員試験対策の場で,同じ目的意識を持った仲間と切磋琢磨できたお陰だと思います。あっという間の半年間でしたが,本当にお世話になりました。立派な消防士となり,また学校に顔を出せる日が楽しみです。

川原美里 さん

和泊町一般事務/鹿児島県初級警察事務 合格

私は,当初警察事務を志望し中央法科カレッジに入学しました。昨年の試験では2次試験で不合格となってしまったので,今年こそはという気持ちで臨もうと決めていました。

中央法科の授業は,1つの科目を1人の先生が担当するのではなく,複数の科目を持ってくださるので,分からない部分を質問しやすいという利点があります。また,先生方と会話をしやすく,一人一人の性格や個性を理解してくださるため,適切なアドバイスをいただくこともできました。そして,毎日同じ教室で授業を受けるため,同級生とも仲良くなり,お互いに得意分野を教え合うようになりました。このように中央法科では,先生方からの叱咤激励や同級生,先輩と切磋琢磨し合いながら,自らを高めていくことができます。

最終的にはゆかりのあった和泊町役場へ勤めさせていただくこととなりましたが,地元を離れることに迷っていた時にも,先生方に気軽に相談することができ,背中を押してもらって,とても心強かったです。

来春から社会人,公務員の一員となることを自覚し,和泊町の発展に貢献していけるよう努力していきたいと思います。中央法科で過ごした半年は,私の中で忘れられない思い出となると同時に,今後訪れるであろう困難に立ち向かえる糧になると信じています。

折田卓也 さん

南さつま市一般事務/鹿屋市一般事務/鹿児島県中級一般事務 合格

私は大学4年生の時に独学で公務員試験を受験しましたが,すべて1次試験で不合格でした。その際,独学での勉強の難しさを実感し,家族の支えもあり,中央法科カレッジに通うことを決めました。

入学当初は,授業についていけないこともありましたが,授業や自習に一生懸命取り組むことで成績も少しずつ上がり,いくつかの1次試験に合格することができました。しかし,第1希望の地元市役所への思いを諦めきれなかったため,筆記試験の勉強だけでなく,論文試験や面接試験の対策にさらに力を注ぎ,ようやく最終合格をいただくことができました。

これからは,支えて下さった先生方や家族,友人に感謝し,地元の役に立てるような公務員として頑張りたいと思います。

小原海斗 さん

大阪府警察官B/警視庁警察官Ⅲ類 合格

私は幼い頃からの夢であった警察官になるために中央法科カレッジへ入学しました。

小学校から高校まで剣道をしていましたが,勉強と部活動の両立はなかなか難しく,勉強はあまり得意な方ではありませんでした。しかし,警察官になるためには,まずは1次試験の筆記試験を突破しなければなりません。授業で難しい問題にあたると,1次試験に合格できるか不安な気持ちが募るばかりでしたが,先生方が基礎から教えて下さり,苦手な問題も克服することができました。また,同じ夢に向かっている友人と切磋琢磨し頑張ることで,無事1次試験に合格することができました。

1次試験に合格すると,次に2次試験として面接,体力試験が待ち構えています。私は剣道をしていたので体力には自信があったのですが,面接ではうまく気持ちを伝えることができるか不安でした。しかし,先生方のサポートのお陰でなんとか最終合格することができ,先生方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

濵﨑 巽 さん

阿久根市一般事務/十島村一般事務/北薩広域行政事務組合 合格

私は大学卒業後,金融機関に1年9カ月務めました。大学生の頃から地元に貢献したいと考えていたため,就職活動中にも公務員試験にチャレンジはしましたが,1次試験を突破できず,縁あって採用して頂いた企業に勤めました。営業で地域の方々とコミュニケーションをとっているうちに,本当に自分がしたいことは,地元に貢献できる公務員になることだと強く思うようになり,働きながら2回目のチャレンジをしました。しかしそれでも思いは叶わず,このままではダメだと感じ,退職して中央法科カレッジに入学しました。

この学校には相談しやすい先生方がいて授業もわかりやすく,また目標に向かって切磋琢磨できる仲間たちがいました。先生方や仲間の存在なしでは今回の合格はあり得ませんでした。本当に感謝しかありません。

しかし,この公務員試験合格はまだ私たちのゴールではありません。合格者それぞれが中央法科の卒業生として義務や責任を果たし,真に社会に貢献できる公務員となることがゴールだと考えています。本当にありがとうございました。

大田一徹 さん

海上保安学校(特別)/海上保安学校(船舶運航システム)/警視庁警察官Ⅲ類 合格

私は,海上保安官になるため,高校2年生の冬から中央法科カレッジに入学しました。高校の時の試験では,あと1点取れれば最終合格でしたが,その1点が取れずに不合格でした。しかし,絶対に合格したかったため,あと1年頑張ることを決めました。

4月から昼間部に入学したのですが,それまでの勉強のやり方では,また不合格になるのではないかという不安がありました。そこで,私は勉強のやり方を変えるために2つのことを行いました。まず1つは定期的に行われる模擬試験で毎回1番をとっていた先輩に,勉強の仕方を教わるため,直接話を聞きに行ったことです。もう1つは,なるべくまわりに知人のいない環境で勉強することです。そのため,4限目の授業が終わると,すぐに別の階の先輩方の教室へ行き,緊張感を保ちながら1人で黙々と勉強しました。この2つのおかげで本番では高得点を取ることができ,最終合格することができたと思います。

高校現役で合格できず,「もう1年お願いします」と言ったときに,「一緒に頑張って合格しよう」と言ってくださった先生方,勉強のやり方やノートを全部見せてくださったM先輩,最初から最後まで支えてくれた両親,同じ教室で勉強したり焼きそば(夜食!)を食べたりした友人たちには本当に感謝しています。ありがとうございました。

N. N. さん

国家一般職/鹿児島県初級一般事務/鹿児島市初級一般事務/鹿児島県警察官B/刑務官B 合格

私は,幼い時から地域の治安を守る公安職に憧れていました。そして,それをかなえるために,中央法科カレッジで夏から夜間部とサマーカレッジを受講しました。高校では,公務員になるための勉強を全くしていなかったため,何から始めるべきか漠然とした不安ばかりでした。しかし,分かりやすい授業をして下さる先生方や,同じ目標に向かう友人の存在のお陰で,最後まで頑張ることができました。また,勉強だけでなく,採用説明会や講話等,自分の進路について考える機会も多くありました。この講話が,私に検察という仕事について興味を持つきっかけを与えてくれました。

多くのことを学ばせてくださった先生方,一緒に勉強を頑張ってくれた友人,本当に有り難うございました。感謝の気持ちを忘れず,自分の仕事を精いっぱい頑張りたいと思います。

池田雪乃 さん

国家一般職/鹿児島県初級一般事務/鹿児島市初級一般事務 合格

私は高校生の時にマルチメディア科という公務員とは全く縁のない学科に所属していました。そのため5教科の知識は中学生レベル。運動部や生徒会にも所属していなかったので,面接シートが埋まらない埋まらない。同年代の方たちよりもずっと後ろのラインに立っていた私が,今こうして何倍もの倍率を勝ち抜けたのは,熱心に指導してくださった先生方と,共に戦った仲間たちの存在があったからに他なりません。先生方が足りない知識と教養を,仲間たちが私に自信をくれました。そして私が勉強をする上で自分に言い聞かせていた言葉が,「下を見るな,上を見ろ!」です。

たとえば,あなたが100人中2位の成績を収めていたとします。優秀な成績です。しかし,もし採用人数が1名なら,あなたは間違いなく不合格です。これが倍率の世界です。覚えておいてください。あなたより下はたくさんいます。でも上はもっといます。自分が1番なんて絶対にありえません。合格できる人は最後まで気を抜かなかった人だと私は考えます。

せっかくやる気を出し始めた受験生の方へ残す言葉が少し厳しいものになってしまいましたが,大切なことだと思ったので書かせていただきました。心が折れそうになったら公務員と名乗る自分を想像してみてください。最高にかっこいいですから。

戸木田哲朗 さん

鹿児島県警察官B 合格

私は高校を卒業した後,警察官になりたくて中央法科カレッジに進学しました。

私は数学系の教科が不得意で,授業についていけるか不安でしたが,周りに同じ目標を持った同級生がいて,勉強を教え合ったりしながら集中しやすい環境で取り組むことができました。1次試験に向けて数推や判推を中心に勉強し,解ける問題が増え自信もつき,模擬試験の成績も上がりました。

私が試験の中で最も苦手なものは面接でした。今回の面接試験では,警察のオープンキャンパスに参加をしたり,警察の仕事をテレビなどで見て仕事のことについて具体的に知ることで,面接時にはきはきと自信をもって話せました。

今年で2回目の受験でしたが,昨年の反省を活かし自分の就きたい職業に就くことができました。諦めず勉強して掴んだ職業なので頑張りたいです。

吉冨 就 さん

鹿児島市消防局/東京消防庁Ⅲ類/広島市消防Ⅱ類/刑務官/税務職員 合格

私は消防士になるという夢をかなえるため,高校を卒業してからこの学校に足掛け3年通いました。

正直なところ,この3年間は辛いこともたくさんありました。しかしこの時期を乗り越え,頑張ることができたのは,同じ志を持った仲間たちや愛情溢れる先生方の支えがあったからこそだと思います。また,この学校では勉強内容だけでなく,これから社会人として生きるために必要な礼儀や考え方も教わり,3年前の自分より,人間としても成長できたと感じています。とにかく,先生方には感謝してもしきれないです。

3年前から変わらず第一志望だった鹿児島市消防に最終合格をいただいたとき,私自身よりも自分のことのように喜んでくださった先生方を見て,改めてこの学校に入って良かったと心の底から思いました。中央法科カレッジで過ごした時間は,私にとって宝物です。

松嵜このは さん

鹿児島県警察官B 合格

私は鹿児島県警察に合格するために多くのことを頑張りました。まず1次試験で行われる教養試験の勉強では,過去問を解いていきましたが,その中には分からない問題や難しい問題がたくさんありました。そのときに中央法科カレッジの先生方や友人が優しく教えてくれて,本当にうれしかったです。サマーカレッジという短期間でしたが,集中して勉強に取り組むことができました。

私が通っている高校は就職する人がほとんどです。多くの人が9月のうちに内定をもらいます。公務員試験の場合,9月から12月まで試験があるので,精神的に苦しかったです。しかし,「絶対に警察官になる」という強い気持ちを持つことで最終試験まで頑張ることができました。最終合格者のページに自分の受験番号があった時は,本当にうれしかったです。自信は全くありませんでしたが,一生懸命試験に合格するために頑張ってきて良かったなと心から思いました。

K. M.さん

鹿児島県警察官B 合格

私は,高校3年生の時から2年間,警視庁の採用試験を受験してきましたが,すべて不合格でした。

そこで今年度は中央法科カレッジの夜間部に入学し,警視庁と鹿児島県警を受験。鹿児島県警に最終合格することができました。

私は,鹿児島県警の最終合格をいただいたとき警視庁をもう一度受験するか迷いましたが,中央法科カレッジの先生方,家族や友人と話をする中で,自分なりに考え,鹿児島県警で頑張ろうという結論に至りました。

今は,鹿児島県警の警察官として鹿児島県のために働きたいと強く思っています。

これから受験される方もいろいろと悩むことがあると思います。そのときは,自分一人で悩まずに,中央法科カレッジの先生方,家族や友人に相談してみてください。

※ 実名表記のものについては、本人の承諾を得ています。

体験記は、到着次第順次追加・更新予定です。

公務員試験合格体験記(アーカイブページ)へ戻る

〒890-0046 鹿児島市西田二丁目27番32号
 TEL 099-213-0205(代表) FAX 099-213-0245